増やせ!法定相続人

法定相続人を増やすメリットとは?

自分の大事な財産を少しでも多く遺したい、相続税を節約したい、と誰もが思うものです。では、法定相続人を増やすことが相続税の節約につながることはご存知でしょうか。その一番の理由は基礎控除額が増えること。法定相続人が一人増えるごとに、600万円もの基礎控除額が増えるので、かなり大きな節約になります。また同時に、生命保険金の非課税枠も増えます。こちらは一人当たり500万円です。それから、相続税の税率まで下がる可能性があります。どういうことかというと、相続税は相続する金額に応じて変わる累進課税ですから、法定相続人が増えることにより一人当たりの相続額が減り、適用される税率の区分も下がる可能性があるということなのです。このように法定相続人を増やすことは、大きな節税につながりますから、法定相続人を増やす検討をすることをおすすめします。

法定相続人を増やす方法

法定相続人を増やすと言っても、具体的にどうすればよいのでしょうか。簡単に言うと、子供の多い家庭は相続税を節約できるということになりますが、そうでない場合は養子縁組をする方法があります。実子以外の者と養子縁組することで、養子も法定相続人の一人になります。しかし、実子がいる場合には養子縁組を何人としたとしても1人とみなされてしまいます。つまり、たくさんの者と養子縁組をすれば良い、というわけではないのです。ただし実子がいない場合には、2人までの養子が法定相続人として認められます。また、孫と養子縁組をすることもできます。この場合、孫の相続税が2割加算されることになるので注意してください。このように養子縁組をすることは、相続税の節約に有効な方法ですが、ある程度の知識が必要となりますので、不安な場合は税理士などの専門家に相談すると良いでしょう。